Loading...

トカチニッチ

北海道十勝の超ローカルウェブメディア「トカチニッチ」ニッチな情報毎日更新中!

Google翻訳

そうだ!事務所を作ろう。(番外編)~新事務所で避難生活!

本tech

本tech

277 VIEW
投稿記事
注目タグ

PRAmazonで「十勝」を探す!

過去レポそうだ!事務所を作ろう。(1)~倉庫に事務所をDIYしてみた

そうだ!事務所を作ろう。(2)~倉庫に事務所をDIYしてみた

そうだ!事務所を作ろう。(3)~倉庫に事務所をDIYしてみた

では前回の話にもあった、2018年9月に発生した胆振東部地震の話をしたいと思う。

夜中に起きた震度7の地震(厚真町)により町中がブラックアウト(全域停電)。
読者の皆さんも大変な思いをしたことだろう。

夕方になっても電気の復旧の兆しがないので、家族を工場へ呼び寄せた。

工場には発電機があるからだ。
工場用、出張用、サービスカー搭載用、その他1台と、気が付けば計4台も所有していた。
稼働時に騒音の出る発電機は住宅街での使用は気が引けるが、ここは農村地域だから全く問題なし。

燃料だって軽油なら多少備蓄がある。
本業に於いてトラックを2台所有しているので、その気になればそこから抜くのもアリだろう。
ちなみに大型トラックは300L+200Lタンク仕様だ。
運送屋さんではないので毎日乗る訳じゃないから、なかなか燃料が減らないのである。
ちなみに、一回の給油ごとに4万円ほどかかってしまう(笑)

トイレも元々仮設トイレを使用していたし、水道も地下水だから電動ポンプが動けば使用できる。
だが、この水道は主に手洗いと洗車用。
浅井戸だから水質に不安があるので、元々工場には飲料用にペットボトルのミネラルウォーターも常備していた。

なので、ここでの生活で困ることと言えば風呂に入れない事くらいなのである。
発電機からの電気をブレーカーに入れるという裏技で、工場の明かりを付けた。
写真はまさにブラックアウト最中である。
電気も使えるようになったが、電子レンジや冷蔵庫、パソコンやテレビ等の頭の良い家電製品は使わないようにした。
発電機の電気だと壊れてしまう恐れがあるからだ。
正弦波とか難しい話になってしまうため割愛する…(本当は自分もよく分かっていない)

携帯電話の充電は自動車シガーソケット用のものを改造して対応。
幸い工場には、交換し終わったちょっと劣化したトラクターのバッテリーが何個もあった。
さすがにエンジンをかけるのにはパワー不足だが、携帯電話の充電ぐらいなら問題なくできる。
ちなみに家庭用コンセントは交流100Vだが、自動車は直流の12V。
電気のプラスマイナスを間違わなければ問題なく充電できる。
早速、サーキットテスターで電気の流れを調べる。「-12V」と表示されれば逆流だ。
電気の流れは水と同じように考えるといい。高いところから低いところに流れるのだ。
ん?ついてきてる?


(話は本題に戻ります)
工場にある大型トラックには地デジのテレビが付いている。
なので普通にドラマも見れた。
お金にまつわるドラマだ。
ちなみに「倍返しだ!」のドラマではない。

事務所に戻ると、子供たちはすっかりキャンプ気分で楽しんでいた。
こんな事態はもう御免だが、工場&事務所のおかげで普通に生活できた

なので普通に仕事もできたし、頼まれていた出張修理にも出かけた。
信号機も消えていたが、農村地域だからそもそも信号機がないので、特に不自由も無かった。
ただ、お客さんは出張修理に来たことを驚いていたが…

さて次回は
そうだ!井戸を掘ろう。(の予定)

この記事が気に入ったら

※投稿内容に関係のないコメントや、不適切な表現に該当すると判断したコメントは、投稿者に断りなく削除する場合があります。

17:41さん
携帯の充電をするのに車のエンジンをかけっぱなしって人もいたようです。
災害に備えて準備しておいたら良いかもしれませんね。

13:18さん
水とカップラーメンだけは常に備蓄しています(^▽^)/

古いバッテリーをそんな風に使えばいいのか!目からうろこ。

23:47さん
定員には限りがあります(笑)

20:45さん
井戸は結構前になるので頑張って思い出します!

次回停電時には宜しくお願い致しますm(__)m

ここに避難すれば良いのか!

面白かった〜( ^ω^ ) 次回の井戸も楽しみです!

  • コメント
  • ランキング
  • オススメ
コメント一覧
ランキング一覧
オススメ一覧

PRAmazonで「ハッカ結晶」を探す!