Loading...

トカチニッチ

北海道十勝の超ローカルウェブメディア「トカチニッチ」ニッチな情報毎日更新中!

Google翻訳

10.カヌーを一時的に保管する方法 - ソーホースでDIY【製作方法】

タックルベリー

タックルベリー

8472 VIEW
投稿記事
注目タグ
過去レポ これまでの軌跡(全レポート)

前回のレポート
09.カナディアンを買いにカヌーの聖地釧路へ行った話
ようやく念願のカヌーが買えたことに心から喜んでいたが、結局この問題が最後に残ってしまった。

「カヌーどこに置くの?」問題だ。

カヌーをそのまま地面に長期間置いておくと、地面からの湿気でカビるらしい。
さらに紫外線に弱い素材なので、日光が当たると変色・変形してしまう様だ。

雨が防げて、日陰が作れる環境…
例えば、ガレージの中に保管…なんてのが理想だが、我が家にガレージなんて物はない。
とりあえず、カーポートの屋根からロープ降ろしてカヌーを吊り下げて保管が現実的かなぁ…

ん?

カーポートも無いよ
雪降ったら毎回除雪だよ。外焼肉してても雨が降ったら終了だよ。

ここは他の手を考えなければ…

そこでまた調べる。
世界中のカヌー先輩(※)がどうやって保管しているかを調べる。調べまくる。このままだと、ブルーシートでグルグル包んで庭置きになってしまう…。
本日もよろしくお願いしますグーグル先生!
(※)カヌー乗りの総称


ほぉほぉ。
これなら材料費だけで安く済むかもしれない…
こうなったら作るか「カヌーポート」!

<カヌーポート製作条件>
・雨が防げる
・日光(紫外線)が防げる
・出し入れが容易にできる
・風で倒れない(重要)
・雪で潰れない(重要)
とりあえず大工の友達に連絡を入れておこう。

私:『こんなの作りたいと企んでます』
大工友:『ええよ』

土木関係の友達にも連絡を入れておこう。

私:『こんなの作ったら固定出来ます?』
土木友:『ええよ』

建築関係の弟にも連絡を入れておこう。

私:『こんなの作る資材余ってません?』
建築弟:『あるよ』

これでなんとかなりそうだ。
彼ら3人の協力があれば、このプロジェクトは成功したも同然っ‼︎

『やっぱりココはこうして…』
『強度的に「パカッ」はやめて…』
『雪が無くなったらやろうか…』
などと、やり取りしている間に季節は約束の春を迎えた。

カヌーポート計画を進めながら、私は再び釧路へ向かいカナディアンカヌーを引き取って来た。

ジャーーン!!!

と、無事に持って帰って来れたのは良いが、本当に保管どうしよ?

カヌーポートが完成するまで、地ベタにそのまま置いとくのもアレなんで、ソーホースという金具を使って、とりあえずゲタを組もうと思う。

『じゃ、始めまーす!』
用意するものは脚となる「2×4材・10本」と「ソーホース」。一応屋外で使うので(気休めの)「ワトコオイル」。あと「ネジ」。木材は寸法が揃ってればざっくりでOK!(画像にある黒いスポンジ板は結局使わず)

①切る

②染める

③乾かす

④組む

製作時間30分。
これで十分!

細かい事を言えば、脚の接地面を水平にカットしておけば安定感もグッとアップ!

カヌーポートが完成するまでは、コレで耐えてくれ!

(つづく)

ここでは、カナディアンカヌーを所有してさらには実際に水面を漕ぎ出すまでをレポートしていこうと思います。

つづきはこちら
11.「カヌーの保管方法 - カヌーポートをDIYで作る(前編)」

この記事が気に入ったら

※現在、こちらのコメント欄でのご質問・お問い合わせは受付けておりません。 恐れ入りますが、ご利用に関する不明点などは「お問い合わせフォーム」よりご連絡ください。

※投稿内容に関係のないコメントや、不適切な表現に該当すると判断したコメントは、投稿者に断りなく削除する場合があります。

毎回楽しみに読んでいます。続きも楽しみです!

「パカッ」式で中から2~3人ヒトが出てきたらたのしい

カヌーやっとでた!

  • コメント
  • ランキング
  • オススメ
コメント一覧
ランキング一覧
オススメ一覧