Loading...

トカチニッチ

気づきにくい十勝を発信する。トカチニッチ

01.カナディアンカヌー始めます

タックルベリー

タックルベリー

282 VIEW
投稿記事
  • ダイアリー0
  • スポット0
  • コラム0
  • レポート16
  • ニュース0
  • その他0
注目タグ

ある日。
古本屋で時間を潰しているときに
何気なく手に取った本「カヌーワールド」。


この本がカヌーを始めることになったきっかけ。

このときはカヌーを買う気なんてさらさら無く、ただ、なんとなく「遊びの知識」を増やすために読んでみた。「カヤック」の情報が大半を占めるこの本で、「カナディアンカヌー」を紹介しているページに目が留まった。

『カヌーと言えば、コレだよなー』
『もし乗るとしたらコレだなー』

そこで、もし自分がカヌーを手に入れた時のことを妄想してみた。とりあえずやってみたいことをその辺に転がってたメモ帳に箇条書き…

・家族で乗る
・友達と乗る
・カヌーで釣り(単独・友達・子供と)
・カヌー持って湖畔キャンプ
・カヌーで川を下りながらキャンプ…

止まらない
溢れる出て来る楽しそうな妄想に胸が高鳴った。

『面白そうだ!』
『絶対楽しいヤツだコレ!!』

善は急げと、まずは「カヌー体験」に行ってみようと考えたが、残念ながら近郊でやってるカヌー体験はシーズンオフを迎えていた。

それから本やネットで情報収集する日々が続いた。
だが調べると、すぐにカヌーの「置き場所」や「運搬方法」など避けては通れない問題が浮上してきた。

実際にカヌーを所有する事を考えると、カナディアンカヌーはハードルが高い。そこでカナディアンカヌー同様に複数人乗ることができて、しかも組み立て式で場所を取らない「フォールディングカヤック」の方が良いのでは?と、気付き始める。

そこで今度は「フォールディングカヤック」について調べることにした。所有する際のハードルはグッと低くなり、水上を遊ぶという同じ目的ならコレでも良いかもしれないと思い始めた。

が、調べれば調べるほど頭から離れない。最初の『もし乗るとしたらコレだなー』が忘れられない。いや、本当は気付いてた。
もう既にカナディアンカヌーに乗ると、決めてしまった自分がいることに。

オンシーズン(たぶん5月頃?)までの間に、ゆっくり情報と知識を蓄えようと心に決め、まずはスマホの待ち受け画像をコレ↓に変更。

スマホ見るたびニヤニヤしようと思う。

(つづく)


ここでは、カナディアンカヌーを所有して
さらには実際に水面を漕ぎ出すまでをレポートしていこうと思います。

つづきはこちら
02.「カナディアンカヌーゲット」

この記事が気に入ったら

※投稿内容に関係のないコメントや、不適切な表現に該当すると判断したコメントは、投稿者に断りなく削除する場合があります。

乗りたい!

  • コメント
  • ランキング
  • オススメ