Loading...

トカチニッチ

北海道十勝の超ローカルウェブメディア「トカチニッチ」ニッチな情報毎日更新中!

Google翻訳

34.禁断のJストローク / カナディアンカヌー

タックルベリー

タックルベリー

165 VIEW
投稿記事
  • ダイアリー0
  • スポット0
  • コラム0
  • レポート36
  • ニュース0
  • その他0
注目タグ
過去レポ これまでの軌跡(全レポート)

前回のレポート
33.「紅葉カヌー(屈足湖再び)」
カナディアンカヌーには沢山の漕ぎ方がある。
カヌー講習で師匠から教わったいくつかの漕ぎ方もほんの一部に過ぎない。

カヌー講習の前に、本や動画で予習をしていたときに目にしたのが「Jストローク」という操法だった。シングルパドルを使って前進するための操法の中では一番有名で、私が持っている本の中でも『まずはJストロークを覚えよう!』となっている。
だが師匠のカヌー講習では「Jストローク」ではなく「ラダーストローク」という操法を教わった。非常にシンプルな操法で、今思えばカヌーの動きを理解するにはうってつけの操法だったと思う。

「ラダーストローク」 1.パドルでカヌー前方の水を掻く

2.パドルがカヌー後方までいったらグリップ側の手首をクイッっと内側にひねりブレードを90°回転させ舵を取る

3.カヌーの進行方向が定まったらパドルを水から抜く
これを延々と繰り返す。
イメージは「漕ぐ」からの「舵」
言葉で説明するの難しいので動画に頼ります。



手元見えてない…(ま、いっか)


『Jストロークは手首壊すから辞めときな』という師匠の教えを守る従順な私は、これまでこのラダーストローク1つで勝負してきた。
湖などの止水域(流れのない)を普通に乗っている分にはこれで十分なのだが、強い風が出たり流れがある所へ行くと、舵を取っている間に速度を失ったり流されたりしてこのラダーストロークだけでは太刀打ち出来ない場面が何度か出てきた。

そして私は禁断の「Jストローク」に手を出した

「Jストローク」 1.パドルでカヌー前方の水を掻く

2.パドルが体の横を過ぎる辺りで、グリップ側の手首を外側にグイッとひねりパドルのブレードを90°回転させながら水を掻き、パドルがカヌー後方にいったらすぐに水から抜く
…って文字にしたらもうなんのこっちゃ×

イメージは「漕ぎながら舵」
こちらも動画付けときます。

(練習し始めて20分位でブレずに進むようになりました)

ラダーストロークに比べて、次のひと掻きまでの間隔が非常に短く、カヌーの推進力が強いのが特徴。なのでカヌーが速く進む。強風などの悪条件時には強い味方になりそうだ。

まだ慣れていないせいもあるが、師匠の言った通りグリップ側の手首に負担がかかった。長年漕ぎ続けると怪我に繋がるかもしれない。その点、ラダーストロークは楽なので、長距離を乗るカヌーツーリングに多用されるのはこのためなのかもしれない。1つの操法だけではなく状況に応じて使い分けることが重要だと思う。

そして調べると、前進系ストロークだけでも魅力的なものがまだある。 例えば、狩猟を目的とした操法「インディアン・ストローク (別名サイレント・ストローク)」。これを使えばほとんど音を立てずにカヌーで獲物に近付くことが出来るので釣りやバードウォッチングなんかをするときにも大いに役立ちそうだ。

他の操法についてはまたの機会に。

(つづく)


ここでは十勝でひっそりとカナディアンカヌーを始めた記録をレポートしていきます

つづきはこちら
35.「ご奉公カヌー(おっさんずダム) 」

この記事が気に入ったら

※投稿内容に関係のないコメントや、不適切な表現に該当すると判断したコメントは、投稿者に断りなく削除する場合があります。

ビーバーはちょっと無理…できない!!!(涙)
働き者の森の建築家(涙)

し、師匠!?ほんの出来心です。許して。byタックル

狩猟です。その昔インディアンがビーバーを狩る際に使ったらしいのですbyタックル

師匠がここを見てないことを祈るだけです。ダークサイド最高!byタックル

動画はGoproです。2コ前の5BLACKです。byタックル

全く同じアングルの動画あれば解りやすかったと反省。でもマニアックって褒められた!いぇーい!byタックル

あれほど辞めろと言ったのに…

狩猟かぁ~♪♪♪

禁断の技に手を出し、ダークサイドに落ちた弟子…
ジャッキー先生…(涙)

撮影はGoProですか?動画イイですね~

素人目には違いがよくわからないけどマニアックで面白い!

  • コメント
  • ランキング
  • オススメ