Loading...

トカチニッチ

北海道十勝の超ローカルウェブメディア「トカチニッチ」ニッチな情報毎日更新中!

Google翻訳

02.PGの聖地・幕別町(十勝)でパークゴルフ場を作ってみた

タックルベリー

タックルベリー

207 VIEW
投稿記事
  • ダイアリー0
  • スポット0
  • コラム0
  • レポート54
  • ニュース0
  • その他0
注目タグ
過去レポ 前回のレポート
01.十勝(幕別町)発祥のスポーツ「パークゴルフ」はじめます
今年はパークゴルフを始めてみよう!と、意気込んで実家から道具を借りてきたが、肝心のパークゴルフ場がまだオープンしていない

仕方ないのでパークゴルフ場を作ることにした。


さて、始めようか。

いつもの様にまずは手帳にざっくり設計図。
作りたいものが決まったので、まずは最寄りの100円ショップへ向かった。
そこで購入したものがこちら↓
・ステンレスタッパー(蓋付) 100円(税抜)
・園芸ポール 100円(税抜)
・人工芝 100円(税抜)
 

さぁ、これで材料は揃った。
あとはどこにコースを作るか…だ。

パークゴルフは「芝」の上で行うスポーツ。まず「芝」が無ければ始まらない。
と言っても、「芝」の整備された公園に許可なく入り勝手に穴を空けてコースを作るわけにもいかない。この辺はわかる。アイアムオトナ。


じゃあ、どうする?


と、ふと自宅の居間から外を眺めると、嫁が毎年大切に整備している幅5メートル程の小さな芝生が目に入った。


ここで…いっか♪
まずはできる範囲でやってみよう!


1.まずはステンレスタッパーに20㎜の穴を空ける
2.タッパーの大きさに合わせて、カッターで芝生に切り込みを入れる
3.タッパーの深さまで穴を掘る (子供にも手伝ってもらい共犯を作る)
4.タッパーを埋め、園芸ポールに旗を付けて刺し雰囲気を出す
5.コース案内板も作ってさらに雰囲気を出す

そして最後に。
プレーしないときなど穴をそのままにしておくと危ないのでひと加工。

6.タッパーの蓋と同じ大きさにカットした人工芝を、結束バンドで蓋と固定
7.穴(タッパー)に蓋をする
これでプレーしないときにも危険を回避できそう
(芝生が色付いてくればもう少し馴染むはず…)

こうしてミ二ミニパークゴルフ場を製作し終わると、近所に住む子供たちが集まってきて、「パークゴルフ大会」が始まった。
たぶん十勝1小さいこのコースは、距離が5mしかないので、ホールインワンが結構出る。
初めてパークゴルフをやった子供たちにとってもホールインワンは特別だった様で、それが出ると一際大きな歓声を上げていた。 (た、楽しい…)

そして、ふと家の中に視線を向けると、そんな様子を見ていたも笑顔になっていた。
(怒られずに済んだ…か?)

(つづく)


ここでは十勝でひっそりとパークゴルフを始めた記録をレポートしていきます

この記事が気に入ったら

※投稿内容に関係のないコメントや、不適切な表現に該当すると判断したコメントは、投稿者に断りなく削除する場合があります。

この距離ならイケる気がする!!

人工芝蓋かわゆい~!中にどんぐり詰めといて差し上げたい(*^^*)

いいね( ^ω^ )

いいねえ
18H作ろう

  • コメント
  • ランキング
  • オススメ