Loading...

トカチニッチ

北海道十勝の超ローカルウェブメディア「トカチニッチ」ニッチな情報毎日更新中!

Google翻訳

16.家族でカヌーデビュー(最終回) /(カナディアンカヌー)

タックルベリー

タックルベリー

447 VIEW
投稿記事
  • ダイアリー0
  • スポット0
  • コラム0
  • レポート35
  • ニュース0
  • その他0
注目タグ
過去レポ 01.「カナディアンカヌー始めます」
02.「カナディアンカヌーゲット」
03.「情報がない」
04.「本物を見に札幌へ」
05.「運搬編① - カーキャリア」
06.「運搬編② - アタッチメント」
07.「消えた赤いカヌー」
08.「嫁の説得」
09.「カヌーの聖地」
10.「保管編① - ソーホース」
11.「保管編② - カヌーポートプロジェクト(前編)」
12.「保管編③ - カヌーポートプロジェクト(後編)」
13.「必要な道具たち」
14.「カヌー講習」
15.「探せ!カヌーフィールド」
我が家のカヌーデビューする場所も決まり、待ちに待った週末。
ようやく家族の予定が合うので、前日から車にカヌーや道具を積み込み、カヌーの上で食べる予定のおやつ、息子(8歳)の大好きな「じゃがりこ」も買ったので準備完了。

気にしていた天気にも恵まれた。出発する頃には少し風が出始めていたが、『ちょっと乗るだけ。ダメなら適当に観光して帰って来よう』と心配する嫁を説得して出発した。
目的の屈足湖に到着すると、教えてもらった乗り入れ場にはすでに先客がいた。私達と同じカヌーではなくジェットスキーが停まっていた。

『か、カッケー!』

最新式でピッカピカで派手で立派で色々とカッコいい。息子と一緒になって目を輝かせていると、所有者の方が来たので少し話しをした。
その方も今年ジェットスキーを購入&免許取得したばかりでこの日がデビューだった。
『こんな偶然あるんですね♪』と談笑を終えると、ジェットスキーは物凄い勢いで湖に入っていった。カヌーとは大違いのスピードで『ブイーーーン!』って私達の前から去っていった。

なんだろう…同じデビューなのに、この見せ付けられた感…

『さぁ、ウチらも行こうか!』

と、気を取り直してカヌーに乗り込もうとすると、息子が不機嫌な顔で申し出た。

『あっちが良い…』

そう言って遠くで波しぶきを上げているジェットスキーを指さした。
言うと思った。

絶対にそう言うと思った。
わかるよ…カッコいいもんなー。派手だし速いし立派だし色々とカッコいいもんなー。息子の気持ちはよくわかる。俺だって乗ってみたい…。

しかし!今日はカヌーだ。ジェットスキーではない。
今日は我が家のカヌー記念日なんだ!

『うちはコッチ(カヌー)だよ。さぁ、乗ろう!』

『…。』

『こ、コッチだって面白いよ。さぁ、行こう!』

『…。』

『あっち(ジェットスキー)だとじゃがりこ食べれないよ』

『…え?…そうなの?』


我ながら苦しい誘い文句だと思ったが、以外にも納得した息子(8歳)を乗せた我が家のカヌーは、ようやく湖に入ることができた。
数日前までの雨の影響なのか水は茶色く濁っていたが、湖のド真ん中でカヌーの上から見る非日常な景色はやはり良かった。
カヌーが波で揺れる度に悲鳴と歓声を繰り返し、漕げば漕ぐほど進むカヌーに2人も楽しそうだった。
最初は渋い顔だった息子も一緒にパドルを漕いでいる。じゃがりこを頬張りながら。

そして『嫁さんと一緒にカヌー乗るときは怒っちゃダメだよ』という師匠の金言を忘れず、私は何があっても終始笑顔で漕ぎ続けた。優雅にスイーーーッ!っと漕ぎ続けた。
そして楽しいうちに終了が我が家のモットーなので、1時間程度漕いだところで陸に上がった。特に危険なこともなく無事に我が家のカヌーデビューを飾ることが出来た。

屈足湖からの帰り道。
楽しかったという感情よりも、家族で安全にカヌー遊びを出来たことにホッとしていた。
後部座席から『またカヌー行きたいね』という会話を聞けたことが、今日の一番の収穫となった。

(おわり)

ここでは、カナディアンカヌーを所有してさらには実際に水面を漕ぎ出すまでをレポートしてきました。これまでご覧いただきありがとうございました。


と、約半年に及ぶカヌーに乗るまでの楽しかった準備期間をレポートしてきました。

たった一冊の本から始まったカヌー生活。

本当は泳げない自分が水の趣味にハマるとは思っていなかった。この本を世に出してくれた出版社に感謝しながら、カヌー先輩(すでにカヌーをやってる人たちの総称)の様にこれからマイカヌーワールドを作っていこうと思う。

...ということで次回予告!
「カナディアンカヌーはじめます」改め...

「カナディアンカヌーはじめました」っ!!
乞うご期待!
続きはこちら
17.「カナディアンカヌーはじめました」

この記事が気に入ったら

※投稿内容に関係のないコメントや、不適切な表現に該当すると判断したコメントは、投稿者に断りなく削除する場合があります。

まだかなまだかな〜♪

やってて良かったと思えるコメント皆さんありがとうございます!ここ十勝ならではのニッチでディープな世界を紹介出来るよう励みます。そろそろ平岩師匠にも会いに行きたいです(タックル)

またこのシリーズでジャッキー師匠に逢いたいです!

最終回を迎え、とても淋しい気持ちで一杯です。いつボートに乗るんだ?という思いとは裏腹に、いつまでも乗らないでほしいような。気づけばこのカヌー記事が私のライフワークとなり、なくてはならないものとなっていた事に気付きました。ありがとう。本当にありがとう…。そしてこれからも楽しみです!

こんなに楽しい記事が最終回ということでもう読めなくなるのかと悲しくなっていたら新シリーズスタートということで安心しました!
楽しみです!

後部座席からの声に泣いた。。

じゃがりことジャッキー師匠の存在感といったら…!!

  • コメント
  • ランキング
  • オススメ
コメント一覧