Loading...

トカチニッチ

気づきにくい十勝を発信する。トカチニッチ

家庭内ヒエラルキーの頂点を目指して。普段、おうちで肩身の狭い思いをしているお父さんに捧ぐ!

kazu

kazu

405 VIEW
投稿記事
注目タグ
おはようございます。ドーモ!Kazuです!
前回のマニアックすぎる自転車の記事に対するお叱りが
あるのでは?とビクビク過ごしていましたが
特に指摘もお叱りもなく、ホッと胸をなでおろしている今日この頃。
皆様いかがお過ごしでしょうか?
物を作るのがなにより好きな
帯広市内で料理屋を経営している自称調理師です。


さて今回のお題は?

普段、お家ではペット以下の扱いを受けているお父さんに捧ぐ!

たまにはご飯でも作って、ご機嫌をとr......

サッとカッコよくご飯を作って家庭内の地位を向上
しようじゃないか企画!

題して!


家族王に俺はなる!!


というわけで十勝名物の美味しい豚丼を作ってみせ
家族のヒーローになり、やがてヒエラルキーの頂点に立とうという
壮大な物語の1ページを刻む歴史的転換点であり
千里の道も一歩から作戦の序章であります!

けっして打倒!ク〇クパ〇ト!とか大それた事を企てて
いるわけではないことを付け加えておきます(滝汗


軽く豚丼の作り方を検索してみるも、あまり良い記事に
巡り合えなく、普段料理をしている人が見たら十分な
記述なのですが今回の企画は普段料理をしない
お父さん向け記事なので詳細に!

えっ?料理?作れるよ?
昔、よくインスタントラーメン作ってた!

レベルのあなたに贈るギフトです!


豚丼の作り方

材料一人分

・ご飯           300g
・タレ           30cc
・出汁又は煮切り酒     10cc
・豚肉(バラ肉5mm厚)   100g
・豚肉(肩ロース5mm厚)  100g
・柚子胡椒         適量
・紅生姜          お好みで
・愛情           プライスレス
・スマイル         0円

タレに関しては市販の物を買うか手作りでも可能ですが
最初は市販の物をおすすめします。

一応タレの作り方を書きますと。

濃口醤油と本みりんを1対1で混ぜ
砂糖とカラメルでお好みの甘さに仕上げます。
私は追いガツオに昆布、酒等を使いますが
調味料を揃えるだけで結構なお値段になるので
やはり買いましょう!


パパありがとう!美味しかったよ。また作ってね!
と、お褒めの言葉を頂いても
でっ!、いくらかかったの?という初夏の暑さを吹き飛ばし
文字通り背筋が凍り付き、暑くもないのに滝のような汗が
流れ出るという恐ろしい体験をしたくなければ......


今なら!トカチニッチにお越しのお客様にかぎり当店特製
豚丼のタレを格安でお分けいたします(ほんとか?w)

今から30分間オペレータの人数を倍増してお電話おまちしております。



ですが、市販のタレに少し工夫をしてカラメルを少し
作って入れると味に奥行きと深みが出るのでお勧めです。

作り方はグーグル先生に聞くとして
コツとしては砂糖を加熱していくと色がついてくるのですが
お湯を入れると色が濃くなる(黒くなる)ので
目安としてRGBで言うと101,0,0 の色になったら
熱湯を投入しましょう。




カラメルとメイラード反応

どちらも食べ物を茶色くし、複雑なうまみをもたらす
みんな大好きな化学反応です。

条件により両方一度に発現することがありますが
砂糖のカラメル化は185度以上と高い温度がないといけません。
なのでカラメルをあらかじめ作りタレに仕込むことで
フライパンでアミノ酸と糖が反応しメイラード反応が起こり
さらに複雑な味が醸し出されるのです。

おっ!なんか調理師っぽいぞ!

カラメル作りは熱いし怖いなという方はプリンを大人買い
して、プリンの下にひいてある底の黒いやつがカラメル
なので上手にすくい取り集めるのも良いでしょう。


いよいよ(やっとか!)作業工程に進む前に
準備を念入りに用意しなくてはいけません。
豚丼はあっという間に出来るので入念な準備はかかせません。

なにしろ主婦の間では、困ったときの豚丼!手抜き料r......

おや?誰か来たようだ.......
.......
......




さて、気を取り直して続きを。

一人前、ご飯300gの分量です(ご飯1合炊き上がりはおおよそ350gです)

注、ご飯の量にあわせてタレ、豚肉をお好みで加減してください。



準備

1、ご飯をいつもより少しだけ硬めに炊いておく。
炊飯器によっては、すし飯用とかカレー用のメモリがあるので
そこに合わせる。


2、豚肉を冷蔵庫から出し室温になじませておく。
焼くときに慌てないように豚肉を広げ皿に並べておく。



3、豚丼のタレ30ccの半分15ccを出汁10ccで割っておく(なければ煮切り酒、酒もなければ水でも可)

4、食器、箸等、テーブルセッティングも済ませておく。




調理

5、温めた程度のフライパンに(油はひかない)
豚肉が重ならないよう肉を並べ
弱火で焼き、しばらく待つと上面にピンクの肉汁が現れるので

こんなかんじ。

裏返しにし

すかさずタレを15cc程(鉄のフライパンの場合
30cc前後入れる)
適度にお肉を返し照りを乗せていく。

写真を参考に肉にタレをからめ、良きところで
レンジからおろす。

このときレンジに上げたまま火を止めるとレンジの熱が
フライパンに伝わり焼きすぎとなるので必ずレンジからおろすこと。



6、準備3、で作ったタレをご飯にまんべんなくかける。

7、焼いた豚肉をご飯に乗せタレをかける(味の調整は焼いたタレで行う)



実食

お好みで紅しょうが、柚子胡椒などをのせ食材と食材にかかわったすべての人に感謝しつつ美味しく頂く。

いただきまーす!



おおっ!美味しそうな写真だ!
おかしいな~。そろそろ料理の撮影依頼が殺到しても良い頃だと
思うんだけどな~?依頼まだ?


注1、フライパンでお肉が重なったりタレの量が多くなると
タレが煮詰まるまでの時間が長くなりお肉が硬くなるので
面倒でも1人前ずつ焼くこと。

注2、できればお味噌汁もあるとモアベターです、このさいチャレンジしてみましょう!


ご飯支度は片付けまでが作業です!頑張って洗い物も頑張りましょう!
主婦は毎食やっているのですから。

じつはここが最大のポイントです!
ここをないがしろにした結果マイナスの評価になることも
珍しくはありません。

いままで何人の勇者が阿鼻地獄にのまれていったことでしょう。
もうそんな喜劇は見たくありません!


ポイントをまとめると。

ひとぉ~つ!ドドン!  鍋はどこ?調味料はどこ?といちいち妻を
            呼びつけないこと。

ひとぉ~つ!ドドン!  後かたずけはシンクも排水溝も綺麗に
            すること!使う前より綺麗にして
            お返しするのが礼儀です!

ひとぉ~つ!ドドン!  上手くいったからと言って調子に乗り
            小遣い交渉に持ち込まないこと。
            結果は後からついてくると信じること。

ひとぉ~つ!ドドン!  万が一上手くいかなくても私に
            クレームや贖罪を求めないこと。マジデ!

ひとぉ~つ!ドドン!  もし上手くいったら、感謝の気持ちは
            キャッシュでドーゾ!




お疲れ様でした。これであなたの評判はうなぎのぼり!間違いなし。
しかし調子に乗ってはいけません。
料理は本来面白いものです。シェフのほとんどが男性なのを
見ての通り料理は男性に向いています。


しかし!過ぎたるは猶及ばざるが如しと申す通り
中途半端に色々出来るようになると

食事当番という無間地獄に落とされる可能性もあるのです。
そこにはカンダタのようにお釈迦様の慈悲など届かないのであります。

ですから俺は豚丼しか作れない。いえ、豚丼だけは作れる
豚丼番長を是非めざしていただきたいと切に思うのであります。

以上のことを心に刻み是非、美味しい豚丼を作って頂きたいと思います。


それではまた次回の記事でお会いしましょう
またねー!

この記事が気に入ったら

※投稿内容に関係のないコメントや、不適切な表現に該当すると判断したコメントは、投稿者に断りなく削除する場合があります。

ありがとうございます。食べたいです!今度お伺い致しますm(__)m

草乃というお店でランチタイム限定で食べられますよ!

劇旨そう!どこで食べられますか?

とうとう本職きた!笑

>カラメルとメイラード反応 ←この反応すき~

メッチャ美味しそうですな!食べたい!!

あ、プロの人だ!!

ウェブっ子の私はRGB16進数じゃないとピンと来ません!

  • コメント
  • ランキング
  • オススメ