Loading...

トカチニッチ

北海道十勝の超ローカルウェブメディア「トカチニッチ」ニッチな情報毎日更新中!

Google翻訳

46.カヌーツーリングのための6手順 / カナディアンカヌー

タックルベリー

タックルベリー

197 VIEW
投稿記事
  • ダイアリー0
  • スポット0
  • コラム0
  • レポート55
  • ニュース0
  • その他0
注目タグ
過去レポ これまでの軌跡(全レポート)

前回のレポート
45.「GWは十勝のパワースポット「カムイロキ」でお花見カヌー」
先にも書いた通り、カヌー2年目となる今年の目標は

『湖を飛び出しカナディアンカヌーで十勝川を流れる!』

だ。

関連記事

37.カナディアンカヌー2年目突入!今年の目標は?(2019)
↗ https://tknc.jp/tp_detail.php?id=738

これまで湖や、ほとんど流れのない小さな川(帯広川)でのカヌーは経験済みだが、十勝川(一級河川)の様な割と大きく流れのある川でのカヌーはまだ経験したことがない

パートとして私の職場にいた身近なカヌー乗り大学生K君と、『春になったら一緒に川下りしよう!』と約束をしていたのだが、なんと彼は今年の初めにパートを辞めてしまい、すでに職場で顔を合わす機会を失ってしまった…。
私は意を決して大学生K君に1通のメッセージを送ることにした。


『川に連れてって』


すると、すぐに『お久しぶりです!いつでも良いですよ!』と爽やかな返信があり、無事にあのときの約束は果たされることとなった。

さて、湖と川とではカヌーの漕ぎ方もそうだが、カヌーの運用についても大きく違うところがある。一番大きな点はスタート地点とゴール地点が違うという点だ。
スタート地点に車を置いたままカヌーで川を下ってしまうと、ゴールした後にカヌーを運ぶことが出来なくなる。

そこで自前カヌーで川下りをする場合は、少し手間はかかるが以下の工程を踏むことでこの問題は解決できる。


さぁ、始めようか。


※安全のためにも川下りは2人以上の複数人で行うのが良さそう

1.車にカヌーを乗せてスタート地点に集合


2.スタート地点にカヌーを置き、2台の車でゴール地点に向かう

※カヌー同士を連結しておけば盗難の心配も軽減されそう

3.ゴール地点に1台の車を置き、もう1台の車でスタート地点に戻る


4.カヌーツーリング


5.ゴール地点に到着したらカヌーを置き、用意しておいた車でスタート地点に戻る

※カヌー同士を連結しておけば盗難の心配も軽減されそう

6.スタート地点に戻ったら、ゴール地点に戻る

※一度に2艇以上運べる車があれば、この工程は省略できそう


少し調べてみたところ事前に時刻表やバス停を調べて、バスなどの公共機関を使ってスタート地点まで戻る方法もあるようだが、荷物や着替えの事を考えると車の方が便利そう。

さらに調べているうちにこんなのも出てきた↓

こーゆーの夢があるなー(笑)

(つづく)


ここでは十勝でひっそりとカナディアンカヌーを始めた記録をレポートしていきます

この記事が気に入ったら

※投稿内容に関係のないコメントや、不適切な表現に該当すると判断したコメントは、投稿者に断りなく削除する場合があります。

装備も考慮した方が>
ヘルメットは用意したのですがドライスーツは敷居(価格)が高いので今回は見送りそうです。あぁ、まだ欲しいギアがたくさんあってまいっちんぐです
Byタックベリー

この時期の十勝川はまだ水温も低く流れのパワーもあるのでドライスーツ やヘルメットなどの装備も考慮した方が良さそうですよ。

カヌーがリカンベントに!!!>
リカンベントって言うのね知らなかったー!これニッチですよね?誰かやってないかなー(ワクワク♪)
byタックルベリー

あ!車がカヌーになるとか?>
やはりいくところは水陸両用車なのか…kazuさん(製作の達人)に相談してみようかな
byタックルベリー

飛べばいいんじゃないか?>
ぶっとんだ発想ですね。飛べばいいのか。飛ぶだけで良いのか。。。
byタックルベリー

まずはカヌーに穴を開けて…>
それだけはやりたくないが…割と海外の方が思い切ったことやってて悔しいので考えます
byタックルベリー

うおっ!
か、カヌーがリカンベントに!!!
上り坂が無ければリカンベントは自転車?界最速ですから。

作ってみたいな。

あ!車がカヌーになるとか?
潜水艦作るのは難しいかな…

ちょまてよ、飛べばいいんじゃないか?と思えてきた…

水陸両用のヤツやってみてほしい!まずはカヌーに穴を
開けて…

  • コメント
  • ランキング
  • オススメ