Loading...

トカチニッチ

北海道十勝の超ローカルウェブメディア「トカチニッチ」ニッチな情報毎日更新中!

Google翻訳

帯広で一番当たる天気予報サービスはどれ?主要4サイトで「的中率」をガチ検証してみた

クッパ

クッパ

668 VIEW
投稿記事
注目タグ
「とかち晴れ」のイメージが強い十勝ですが、8〜9月は1年の中で最も降水量の多い季節。気になったので気象庁のサイトから過去10年分(2008年〜2017年)の月間降水量の平均値を出してみれば、やはり8月と9月がトップ2だった。

今年(2018年)の8〜9月の天気も、やはり雨だらけ。下記のカレンダーは、1時間に1mm以上の降水があった日に傘マークをつけてある。

8月は本当に雨だらけ。9月は週末に降られており、記事執筆時点の明日(9/30)も台風接近により雨は確定だろう。
9月の週末で土日ともに晴れた週末は15〜16日だけ、ということになる。そして、実は16日も、実はウェザーニュースの天気予報では降水確率50%だったのだ。

これではキャンプに行けない。夏の終わり、この最高の季節にキャンプに行けないのは辛い。

いくつかの天気予報サービスを見比べてみるとわかるのだが、予報が異なっている。そして、どのサービスが最も「的中率」が高いのか、検証してみたくなってしまった。

最初は軽い気持ちだった。。

過去の気象データは気象庁のホームページからいつでも入手できる。しかし、過去の「予報データ」はどこにも残っていない。つまり、「予報が当たったのかどうか」を検証するには、毎日サイトに訪れ、そこに表示されている「天気予報」を自分で記録しておくしかないのだ。

ということで、Googleスプレッドシートのスクレイピング機能を使って、GASで毎日1回だけ(1回だけなので許してください)、データをチェックするプログラムを作り、下記のアルゴリズムによって「的中率」つまり「予報との誤差」を算出するプログラムを作成した。

・比較対象4サービス
(1) 日本気象協会(tenki.jp)
(2) ウェザーニュース(weathernews.jp)
(3) 十勝毎日新聞社電子版(kachimai.jp)
(4) 気象庁(www.jma.go.jp)


(1)と(2)は筆者が普段から使っていて、アプリもインストール済み。(3)は十勝では見てる人が多そう、ということで採用。(4)は全ての天気予報サービスの本家本元だ。

ちなみに、天気予報は「気象業務法」という法律によって制限されており、「気象庁」以外の事業者が天気予報をするには認可が必要だ。
今回の比較対象のうち、日本気象協会とウェザーニュースは認可取得済みだが、十勝毎日新聞社は取得しておらず「株式会社気象サービス」という事業者よりデータの提供を受けている(らしい)。

参考
予報業務の許可事業者について
株式会社気象サービス

計測方法
・予報エリアは「帯広」とする
・計測期間:8月21日~9月28日(39日間)
・昼休み(12時台)時点における、翌日の予報がどれくらい当たるかを調査
・「降水確率」と「最高・最低気温」とで分けて算出
・1mm/h 以上の雨が降ったか、降らなかったか
・降った場合は「最も降った時間帯」の降水確率を「高く」設定していたサービスが勝ち
 → 100%に近いほど「精度が高い」とする。
・降らなかった場合は「1日の平均降水確率」を「低く」設定していたサービスが勝ち
 → 0%に近いほど「精度が高い」とする。
・最高・最低気温はそのまま実測値と予報との気温差を誤差とする

結果発表

・降水確率「的中率」
【1位】日本気象協会(tenki.jp)
 予想誤差合計:812.5%(1日あたり平均20.83%の誤差)
【2位】十勝毎日新聞電子版(kachimai.jp)
 予想誤差合計:900%(1日あたり平均23.08%の誤差)
【3位】気象庁(www.jma.go.jp)
 予想誤差合計:905%(1日あたり平均23.21%の誤差)
【4位】ウェザーニュース(weathernews.jp)
 予想誤差合計:1210%(1日あたり平均31.03%の誤差)

・最高・最低気温「的中率」
【1位】気象庁(www.jma.go.jp)
 予想誤差合計:86.9℃(最高・最低平均1.11℃の誤差)
【2位】日本気象協会(tenki.jp)
 予想誤差合計:87.9℃(最高・最低平均1.13℃の誤差)
【3位】ウェザーニュース(weathernews.jp)
 予想誤差合計:91.7℃(最高・最低平均1.18℃の誤差)
【4位】十勝毎日新聞電子版(kachimai.jp)
 予想誤差合計:95.3℃(最高・最低平均1.22℃の誤差)

結論
降水確率は tenki.jp のアプリでチェックし、最高・最低気温は気象庁のサイトでチェックするのがいい、という結果となった。
そして、降水確率はどのサービスでも平均で20~30%くらいの誤差がある。つまり、予報が降水確率30%でも降らない可能性が十分にあるということだ。
また、最高・最低気温の予想誤差は、1℃くらいしかない。各社、かなりの精度なのでどこのサービスを使っても大差ないだろう。

今回、軽い気持ちから始まったこの調査だが、思いがけず手のこんだ検証となってしまった。どんだけ時間かけたんや・・・

検証アルゴリズムも、平均値の誤差で取るかどうか、前日の昼時点でのデータがいいのか、など課題は残っている。
実際、ウェザーニュースはかなりの頻度で予報を更新しているため、最新の予報をこまめにチェックしたりするには最適のツールだ。

さて、明日も雨だ。家で何しよう。
キャンプ行きたい。

この記事が気に入ったら

※投稿内容に関係のないコメントや、不適切な表現に該当すると判断したコメントは、投稿者に断りなく削除する場合があります。

ぁ。。あぁあああ?!
キミたち!ずいぶん悲観的ですなッ!!!(憤慨)

続報たのしみ~ぃ☆

10年!→ 一ヵ月後も危ういです! by運営者

10年!それまでトカチニッチが続い…いやなんでもないです。
集計は自動化されてるのでサイトの構成さえ変わらなければいつでも続報は出せます!

そうそう、その39日間のヤツを10年間に…もにょもにょ…いや、なんでもないです…言ってみただけ……

検証した期間は39日間です!(10年間のは冒頭のグラフ作るためだけに気象庁から拝借したデータです)

これぞニッチ。面白い!

フラリと立ち寄ってみましたら、予報の違いを検証とは!さすがニッチ。参考にさせていただきます〜!

やっぱり、10年でいいです。
すみません。

なにこれ!おもしろーーーい♪♪♪
期間を延長してやってほしい!!!
20年ぐらい。

な、何という熱量!すばらしい!お疲れ様です!

  • コメント
  • ランキング
  • オススメ