Loading...

トカチニッチ

北海道十勝の超ローカルウェブメディア「トカチニッチ」ニッチな情報毎日更新中!

Google翻訳

ど素人DIY/03. リアルでキモい!ハロウィン用かぼちゃランタンを作る(制作編)。

徳川埋蔵

徳川埋蔵

181 VIEW
投稿記事
注目タグ

ライターの「Kazu」氏と完全に被ってしまったハロウィンの「かぼちゃネタ」w。まさにカオス状態!これぞトカチニッチの醍醐味!かくなる上は、かぼちゃ祭りだワッショイ!ワッショイ! ※かぼちゃネタの参戦求ム

過去レポ
  1. 妄想・設計編
  2. 練習編
  3. 制作編

さて、「前回」の続き。
十勝ヒルズさんで、イメージ通り、理想的なかぼちゃを手に入れることができた!

さぁ、始めようか。

用意するモノ

  • ハロウィン用かぼちゃ
  • ナイフ
  • 彫刻刀
  • マジックペン(水性)
  • ふわっと軽いねんど(赤・黄色)
  • ピンポン球(2個)

今回は、より細部にこだわって制作するため、特殊な道具を新たに用意する。使えそうな「ふわっと軽いねんど」という品を見つたので、こちらも併せて購入してきた。

※全て100均ショップで購入可能。

リアルでキモい!ジャックオランタンの作り方

かぼちゃの底を切り取り、ぬめぬめのハラワタ、臓物をえぐり取る。

※1〜4までの手順は「前回」と同じなので細かい説明は省略する。

妄想を練りこんだ設計図を、コピー機で複製する。この際、かぼちゃの大きさに合わせて倍率を決めるが、今回は拡大率1.5倍に調整した。

複製した設計図の顔部分のみを切り取り、かぼちゃにテープで仮固定をする。

うっ…キモい!
完成のイメージが湧いてきた 笑

主要なポイントに先の尖ったマジックペンでポチポチとアタリ(目印)を付けていく。根気のいる作業だが、ここを頑張っておけば、後が楽になるので、できる限り細かく作業する。

※マジックペンはつまようじ等でも代用可

アタリを付け終わったら、仮止めしていた設計図を剥がす。このアタリに沿ってナイフで切り込みを入れ、形を整えていく。細部など用途に合わせて彫刻刀を使用する。

↓無心で掘り進む事、約1時間。

ケタッ、ケタケタ!カタカタカタ!

かぼちゃ骸骨の誕生だ。
ひとまず、これでベースを完成とする!

次に取り出したるはピンポン球と、ふわっと軽いねんど。かぼちゃ以外のアイテムを使用することに、いささか抵抗はありつつも、気持ち悪さを演出するにはぴったりの品として採用した。

ピンポン球を目玉に見たて、血管と瞳孔(ひとみ)を描き込み、粘土を"つなぎ"として加えれば…

「・・・」

ぐはっ!!

オ、オロロロエエエエエッ・・・・・・・・!

ポクポクポクポク、チーン!
ケルヒャァ!!

ビチャボトボトボトボト・・・
オオオオォォォ

ア、アヴァ・・・

エレァ!!・・・・・・
ボトボトボト・・・終。

さて、仕事しよ。


この記事が気に入ったら

※投稿内容に関係のないコメントや、不適切な表現に該当すると判断したコメントは、投稿者に断りなく削除する場合があります。

既に息子のスケッチブックにはゾンビがたくさん!
もはや手遅れかもしれません 笑

by埋蔵

これを見て育つご子息の将来が心配。。。。。
きっと立派なホラー好きに。

byかず

承知しました。腐り具合を記録していきたいと思います! by埋蔵

経過が見たい!

何かしらを配達に来る人に同情します…

天才か!ピンポン玉いい仕事してるw

  • コメント
  • ランキング
  • オススメ