Loading...

トカチニッチ

北海道十勝の超ローカルウェブメディア「トカチニッチ」ニッチな情報毎日更新中!

Google翻訳

インク沼の救世主?エルバンのコンバーター付きボールペン買ってきた

ゲストライター

ゲストライター

3415 VIEW
投稿記事
注目タグ

インク沼に堕ちそうな自分を必死に食い止める毎日。

「インク沼」とは
(主に万年筆用の)ボトルインクを明らかに使い切れないほど購入していたり、そのインクを使うためにさらに新しい万年筆を買いに行ったり、その帰り何故か新しいボトルインクが増えていたりする状態を指す。
そして万年筆ユーザは高確率で嵌りやすいという世にも恐ろしい沼。
#インク沼(Twitter)

十勝では見つけられなかったシリーズのインクを探しに足を運んだ大丸藤井セントラル(札幌)で、インク沼住民の救世主になるかもしれないアイテムを手に入れたので紹介したい。

エルバンから販売されているインクコンバーター付きローラーボールペン(¥1,296)。普通にありそうだが、意外とない「万年筆用のボトルインクを使用できるボールペン」である。

気に入って買ったはずなのに引き出しの奥に眠っているボトルインクの使用頻度を上げることが可能。さらにボールペンなので他人に貸しやすいというメリットまで!

↑カートリッジ(左)も付いているが、コンバーター(右)を使う

↑コンバーターでお気に入りのインクを吸引する。
※手が汚れるのはいつものこと(下手なだけ)。

↑ペン先にコンバーターを装着したところ。

さっそくノートに試し書き・・・かすれもなく驚きの書きやすさ
安価であることに加え、悪い評価を先に見て正直全く期待していなかったこともあり嬉しい誤算

強いて悪い点を挙げるならば、筆記中「ジッ」というペン先が引っかかる音がすることくらいか。

↑同じインク(色彩雫月夜)を入れたエルバンボールペン(一番上)と万年筆の比較。
インクの濃淡は万年筆の方が大きいが、濃淡がゼロというわけではない。

透けるインクが美しい透明なペン軸も眺めるだけで楽しめる。
せっかくなので、このペン用に似合う鮮やかな色のインクを買ってこようと思う。


この記事が気に入ったら

※投稿内容に関係のないコメントや、不適切な表現に該当すると判断したコメントは、投稿者に断りなく削除する場合があります。

>大丸藤井セントラルに住みたい人生だった…
↑わかる。

大丸藤井セントラルに住みたい人生だった…

フリンジが!ブラシみたいになってきてる!!

読んでると欲しくなってくる不思議。

沼に身を任せるのぢゃ

沼、怖い。。。。。

私も福島県の五色沼を超える数の沼に肩まで浸かりかけ、すんでのところでかわしているのですが
それより恐ろしい、ゆるやかに死に至る病である「欲しい欲しい病」に感染しているのですがどうすればよいでしようか?

byかず

インク沼…こんな深い沼があったとは…。

  • コメント
  • ランキング
  • オススメ
コメント一覧
ランキング一覧
オススメ一覧

PRAmazonで「ハッカ結晶」を探す!