Loading...

トカチニッチ

北海道十勝の超ローカルウェブメディア「トカチニッチ」ニッチな情報毎日更新中!

Google翻訳

鉄道 / 03.登録有形文化財の廃駅!旧国鉄士幌線『幌加駅』

狂虎(きょうこ)

狂虎(きょうこ)

3488 VIEW
投稿記事
注目タグ
鉄道
  1. 20畳に広がるジオラマの世界!小さな鉄道博物館『十勝晴駅』
  2. 山懐の廃駅!旧国鉄士幌線終点『十勝三股駅』

『鉄道』シリーズ化のご要望にお応えし、どんどん記事にしてまいりますょ♡ ふぁお~

今回ご紹介するのは『幌加駅』です!
1939年(昭和14年)、終点『十勝三股駅』から7㎞手前の地点で開業した『幌加駅』。
当時、『上士幌駅』から終点まで続く急勾配を上るため、石炭を連続投入しなければならない大変な区間だったそうです。

見学しやすい

標示があり、草も刈ってあるので、“公園に行く感覚”で見学できます。

↓お!ポイント(進路を転換する部分)が!!

↓ゆる~いカーブが素敵♡

↓かつては硬くて丈夫だった金属が、錆びて脆く崩れていく姿に安堵を覚えるお年頃です…

野生動物の気配

『十勝三股駅』ほど強烈ではないものの、この場所にも獣臭がありました。が…
近くに人の気配があったので、余裕~×

とはいえ、危険を感じたら逃げてくださいね♡

鹿の足跡やう〇こも発見ッ!

登録有形文化財

線路に沿って進んでいくと、プラットホームが見えてきます!
プラットホームの大きさは、延長61m、幅2.3m、高さ0.8m 。コンクリート造のしっかりとした建造物です。
林業で賑わっていた頃の様子が、見えるようですね…

※駅舎はありません。

↑有形文化財と娘

自然と一体化していく様が味わい深い。一昼夜では形にならない光景ですね。

↑またしても、このテーマを扱うことに恐怖を感じる。

【気になる資料】
登録有形文化財(建造物)の登録について

風化していく人工物を見ていると、己の行く末を見る気がします。
慌てず騒がず枯れて、もっともっと狂った老虎になりたいな♡

つづきはこちら↓
鉄道の日!『北海道拓殖鉄道遺構バスツアー』でザワザワした話

おねがい

北海道の歴史を物語る鉄道。このテーマを扱うにあたり、造詣が深く鉄道愛に溢れた諸先輩の存在をビシビシ感じ、大変緊張しております。
まちがい、とんだ勘違い、補足が必要な部分などございましたら… (どうか、やさしい口調で)ご指摘いただけますと幸いです。

★狂虎はTwitterでも、やりたい放題だょ★


この記事が気に入ったら

※現在、こちらのコメント欄でのご質問・お問い合わせは受付けておりません。 恐れ入りますが、ご利用に関する不明点などは「お問い合わせフォーム」よりご連絡ください。

※投稿内容に関係のないコメントや、不適切な表現に該当すると判断したコメントは、投稿者に断りなく削除する場合があります。

↓たぶん…そうですねw 事件、事故が起こらない範囲で頑張ります!BY運営に無断で回答する虎

このサイトは取扱うテーマが自由過ぎて一貫性がないのが魅力の?サバイバルホラーサイトです…よね?今後のますますのご活躍を!期待しています!

廃駅に廃炭鉱・・・このサイトはどこへ向かうのか・・・。

  • コメント
  • ランキング
  • オススメ
思い出の「RED WING(ブーツ)」をメンテナンスしてみた!十勝・帯広ブーツ界の雄「NEWSCLIP」訪問記

素敵な記事ですね。同じく十勝出身の若手職人2人が立ち上げたレッドウィングなどワークブーツやニューバランスなどもカスタム修理してくれるASHIDOHOKKAIDOさんが札幌にオープンされましたよ!いつかは十勝帯広でもやって欲しいですね。レッドウィングのカスタムも色々とやってました!

思い出の「RED WING(ブーツ)」をメンテナンスしてみた!十勝・帯広ブーツ界の雄「NEWSCLIP」訪問記

コメント一覧
ランキング一覧
オススメ一覧