Loading...

トカチニッチ

北海道十勝の超ローカルウェブメディア「トカチニッチ」ニッチな情報毎日更新中!

Google翻訳

鉄道 / 10.旧国鉄広尾線『幸福駅』360度カメラで撮影したょ

狂虎(きょうこ)

狂虎(きょうこ)

368 VIEW
投稿記事
注目タグ
鉄道
  1. 20畳に広がるジオラマの世界!小さな鉄道博物館『十勝晴駅』
  2. 山懐の廃駅!旧国鉄士幌線終点『十勝三股駅』
  3. 登録有形文化財の廃駅!旧国鉄士幌線『幌加駅』
  4. 鉄道の日!『北海道拓殖鉄道遺構バスツアー』でザワザワした話
  5. 倒木直撃!旧国鉄士幌線『五の沢橋梁』
  6. 落葉後必見!旧国鉄士幌線『三の沢橋梁』の全容!
  7. 『三の沢橋梁』と『ロータリー式ディーゼル除雪車 DR 202 CL』が飛び出すポップアップカードを作ったょ!【設計図付き】
  8. まもなくラストラン!2019年3月31日で廃線になる『夕張支線』清水沢~夕張に乗った話
  9. 旧国鉄士幌線の唯一現存する駅舎!『士幌駅跡』

鉄道遺産を中心にご紹介してきたこの企画。今回は、観光スポットとしても超有名な旧国鉄広尾線『幸福駅』に行ってまいりましたょ♡ ふぁお~

1956年(昭和31年)に開業した幸福駅。1987年(昭和62年)、赤字路線だった広尾線(帯広ー広尾)の廃線に伴い、鉄道駅としての役割は終えました。

しかし………

ここで終わらないのが、『幸福駅』の“幸福”たるところ

廃線前の1973年(昭和48年)、テレビで紹介されたことをきっかけに、縁起の良い駅名のおかげで人気爆発↑↑↑
同線の『愛国駅』を絡めた“愛の国から幸福へ”のキャッチフレーズがウケて、『愛国ー幸福』間切符が爆売れ↑↑↑
こうして、リア充の聖地…あ、『恋人の聖地』として愛されるようになったのだとか♡ ふぁお!ふぁお!

画像は、『幸福の鐘』から駅舎を撮影したもの(上)と、駅舎から『幸福の鐘』を撮影したもの(下)です。「だからなに?」と言われればそれまで。

ネーミングって、大事よな

ネーミングの重要性については、シルバー氏がカーリングのチーム名についての記事でも取り上げてますな。

というワケで(?)、幸福を願う言葉であふれた駅舎※の中を撮影してみましたょ♡

※現在見学できる駅舎は、建て替えられた新しい駅舎です。

以前は名刺が貼り付けられていたような…

ちなみに、駅舎の隣にある『幸福の鐘』は、ウエディング体験用に設置されたものだそうです。←ぼっちで鳴らしました。

駐車場近くにあったこちらの鐘は、やり方が悪いのか、やった人間が悪いのか、何度やっても鳴らせませんでした。ほわい…
それはそれとして、遠近法を使って『トリック写真』を撮りたくなるような、不思議な魅力がありますNE♡

他にも、ロケットの打ち上げまで成功したという“願いが叶う”木札や…

“象の皮膚”を連想させるおもしろい岩、錆びたように見える石も転がっていたりして、色々なたのしみ方ができ……

もちろん!!!

2両のキハ22が保存されている幸福駅。

鉄道遺産もしっかりたのしめますょ♡

中に入って、見学できるようになっていました♡

エモい~ 起毛~
起毛~(言いたいだけ)

そんなワケで、(カップルはどこに行ったってたのしいとして)カップルじゃなくたってたのしめる…いや、むしろ!ぼっちでたのしめる素敵スポットでした☆

カーン!カーン!カーン! ←鐘の音

●幸福駅
〒089-1246 北海道帯広市幸福町東1線 ※とかち帯広空港から車で約10分
HP

つづく

おねがい

北海道の歴史を物語る鉄道。このテーマを扱うにあたり、造詣が深く鉄道愛に溢れた諸先輩の存在をビシビシ感じ、大変緊張しております。
まちがい、とんだ勘違い、補足が必要な部分などございましたら… (どうか、やさしい口調で)ご指摘いただけますと幸いです。

★狂虎はTwitterでも、やりたい放題だょ★


この記事が気に入ったら

※投稿内容に関係のないコメントや、不適切な表現に該当すると判断したコメントは、投稿者に断りなく削除する場合があります。

>そういうことだと思います。
は~ん。現在地の緯度経度教えていただけます?

いいね!

fao!

何度やっても鳴らせませんでした>
そういうことだと思います。

  • コメント
  • ランキング
  • オススメ